健康のための虫歯予防・歯周病@三田市・神戸市北区の予防歯科
HOME>小児の予防歯科

| 子供の矯正(床矯正) |

叢生の治療の一例
永久歯の大きさは決まっているのに対して、顎の成長が十分でないため、叢生になってしまっています
歯が並ぶのに必要な顎の大きさまで広げ、スペースができたら前後に移動させます
萎縮した顎を正しい大きさに修正することで、抜歯せずに治療が終わりました