健康のための虫歯予防・歯周病@三田市・神戸市北区の予防歯科
HOME>小児の予防歯科

子供の矯正(床矯正)

床矯正
「大人の歯がガタガタに並んで生えてきた」
「大人の歯が生え始めたのに、顎が小さい」
「かみ合わせが反対になっている」
 ということはありませんか?

永久歯が生えて間もないお子様には床矯正という矯正方法がお勧めです。 特にこの時期では顎に歯の生える空間が不足しているために歯がまっすぐに並ばないという問題が起こってしまいます。
そういうケースでは早期に矯正を始めることで将来の抜歯を回避できる例が少なくありません。
また、受け口のケースでは変な癖がついたために顎の発育にも問題が起こることがあります。
しかし早期に矯正治療することで顎の発育の問題をすくなくしていくことが可能です。
床矯正はどんな症例に最適なのでしょう。
永久歯の前歯が生えてきたものの、スペースが少なくがたがたです。
また、左の前歯は上と下が反対の関係となっています。
顎を広げて歯の生えるスペースをつくって、上下の歯の関係を修正しました。前歯だけでなく、奥の歯も奇麗に並べることができました
永久歯の前歯が生えてきたものの、スペースが少なくがたがたです。また、左の前歯は上と下が反対の関係となっています。
顎を広げて歯の生えるスペースをつくって、上下の歯の関係を修正しました。前歯だけでなく、奥の歯も綺麗に並べることができました。
このようなケースが見過ごしていると、矯正をするにしても永久歯を抜いてスペースを作り、歯を一つ一つ並べていくという治療になります。
また、歯を抜くことで、もともと小さい顎がさらに小さくなってしまうのです。
反対咬合、いわゆる受け口のケースです。
上顎の成長が不十分なため、反対咬合になってしまっています。
このままでは顔貌まで変わる恐れがあります。
左のような装置で、上顎の成長をさせるとともに、前歯のかみ合わせが正常になるよう移動させていきます。
萎縮した顎を正しい大きさに修正し、前歯のかみ合わせを改善させることで、抜歯せずに治療が終わりました。
床矯正とはどんな矯正ですか?
取り外し可能な装置を装着し、調整していくことで、歯の位置および歯の埋まっている顎の大きさを変えることで矯正をする方法です。
歯の萌出期に、歯の萌出するスペースを作ることで、歯が自然と並ぶように誘導することができます。
床矯正により解決できる問題は、
・顎の発育の問題
・歯と顎のバランス
・歯の位置の問題
などです。
床矯正のメリット
歯を抜かずに治療ができます。
・装置が着脱可能→口の中の清掃がしやすく、小さなお子さんでも扱えます。
・顎が成長中の子供に最適です。
・顎や歯の成長力を利用するため、複雑な装置を使用しないので安価での治療が可能です。
・歯並びを整えるだけでなく、土台の顎を広げ、噛む訓練により顔全体が正常な機能を取り戻せます。
治療はできるだけ早めに・・
・矯正を始めるのは症例にもよりますが大抵は永久歯の前歯がはえかわるころが最適です。 
・早めに治療を開始することで、簡単に治療が終了します。(装置の数も少なくできます)
・犬歯が生え変わった後の場合、治療は複雑になり、費用と時間がかかってしまいます。場合によっては抜歯矯正が必要になることもあります。
床矯正のデメリット
・歯の大きさと顎の大きさによっては顎の拡大の限界を超えることがあります。
・その場合、歯並びがまっすぐにならないことがあります。
・基本的には取り外しのできる装置を使用するため装置を装着しないと矯正が進みません
叢生の治療の一例
永久歯の大きさは決まっているのに対して、顎の成長が十分でないため、叢生になってしまっています
歯が並ぶのに必要な顎の大きさまで広げ、スペースができたら前後に移動させます
萎縮した顎を正しい大きさに修正することで、抜歯せずに治療が終わりました
治療方法は?
歯の型をとり装置を作成します 一般的な装置では床装置の中にスクリューがあります。
棒(キー)でネジを巻くことで、スクリューが移動して、床が拡大し、顎を拡げたり、歯を 移動させます。
必要に応じて何種類かの装置を組み合わせて使用します。
治療開始はいつ頃?
一般的には5~7歳(前歯が生え変わる頃)から11~12歳(小臼歯が生え変わり安定する頃)までが最適です。
この時期は特に顎の成長が著しく、その時期に装置によって顎の成長をうながして、歯の生えるスペースを作ることで、本来の歯の位置へ歯が萌出してくるよう誘導することが可能です。
治療期間はどのくらい?
症例や矯正開始時期によって異なりますが、2年~4,5年です。
比較的早期に治療をはじめた方が治療期間が短くなり、装置の数も少なくすることが多いのです。
後戻りはありますか?
ある程度はおこりえます。
たいていの矯正治療で、きれいに並んでも少し後戻りすることがあります。
後戻りを最小限にするため、きれいに並んだ後に保定装置を装着したり、筋力をつけるための訓練をしたりします。
成長期にしっかりと噛んで噛み合わせを育成することで、後戻りの少ない噛み合わせを作る事が、きれいな歯並びを保つための最善の方法です。
治療について
・上下のお口の型をとり、装置を作製いたします。
装置はお家で取り外しをして拡大などを行います。
1日14時間以上の装着ができないと治療が進まない場合があります。やむをえない事情を除いては費用の返金はありません。
・月に一度、拡大状況を確認させていただきます。
・治療の途中で、装置の作り替えが必要になります。
(症例によって作る装置の数は異なります。)
・ワイヤーやゴムを使って、歯を移動させる場合もあります(固定式の装置)。   基本的に、お子さんが主体となって治療が進行します。
お子さんのやる気がない場合は、治療がなかなか進まないことがありますので、よく相談の上、お決めください。
※また最終的に抜歯を選択する場合もあります。
費用について
初期費用 片顎 100,000円
両顎 150,000円
追加費用 1装置ごとに10,000円~25,000円
修理費 2100円~3150円
ゴムを使用した歯の牽引 3150円~5250円
ブラケット装置装着 10,000円~30,000円
ブラケット装置除去 5250円