健康のための虫歯予防・歯周病@三田市・神戸市北区の予防歯科
HOME>歯周病とは

歯周病の治療とメインテナンス

歯周病治療の流れ
初診
初診
初診
初診
初診
歯周病の治療で大事なことは、個人のリスクを判定した上で1本1本の歯の状態を診査・診断を行い、治療計画を立てていくことです。
また、プラークコントロールはセルフケアとプロケアの両輪がかみ合う必要があるため、歯科医師や歯科衛生士が十分な説明と指示を行い、患者様とともに治していくことがとても重要となります。
歯周病治療と予防の基本はプラークコントロール

初診

問診
詳しい症状、生活習慣や全身状態の把握

診査
お口の中の状態を確認、お口の中の写真撮影

検査
歯周ポケットの深さ、出血の有無
X線撮影にて骨の吸収を調べる。
顕微鏡検査

 
 
診断・治療計画・治療説明
診査・検査で得た情報をもとに、今の歯周病の状態を把握し、1本1本診断をします。
そして、治療をどのように進めていくかを計画します。
その後、患者様に症状の説明と治療について説明を行います。
歯周初期治療
いよいよ、歯周治療のはじまりです。
歯周病の原因は「口腔バイオフィルム(古いプラーク)」ですから、治療の基本はプラークコントロールです。
ブラッシング指導・堂動機付け
毎日、お食事をすると、プラークは付着します。
きれいにプラークが取り除けていないと、すぐにバイオフィルムは(古いプラーク)が付着してしまいます。
バイオフィルムが付着するのを防ぐために毎日のブラッシングが最も大切です。
歯科医院でバイオフィルムを除去しても、ブラッシングが十分でなければ2~3日でバイオフィルムの形成が始まります。
そのため1日1回、特に寝る前は十分にプラークを落とすように丁寧なブラッシングが必要です。
また、正しいブラッシング法や補助器具(歯間ブラシやフロスなど)の使い方をマスターすることで、今まで落としきれていなかったプラークを効率的に取り除くことができます。
ブラッシング指導だけでなく生活習慣で歯周病を悪化させる要因があれば、改善するためにはどうすればよいかご相談していきます。
 
原因除去
抜歯
古い冠の除去
詰め物のやり直し
欠損部の治療(入れ歯など)
揺れている歯の固定
スケーリング、SRP
歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない『歯石』になります、歯石自体は直接歯ぐきに影響を与えることはありませんが、バイオフィルムが付着し、とりにくくなるため除去が必要です、また歯周病になると、歯周ポケットが深くなり、歯周ポケット内に溜まったバイオフィルムや歯石は、歯ブラシでは取り除く事ができないため、専用の器具を使って除去していきます。
バイオフィルムが付着しにくい、良い状態にしていきます。
再評価
検査
歯周初期治療が終了したら、歯周病の状態を再評価します。再評価のタイミングはひとによって違います。
検査・診断の結果、
①改善が認められないあるいは問題が残っている場合、もう一度見直しを行います。
②歯周病が改善していれば、メインテナンス(定期健診)へ移行していきます。
再評価でまだ問題が残っている場合は、再治療・歯周外科治療
まず、再治療が必要な部位を把握し、問題点がどこにあるのかを考えていきます。
・セルフケアが不十分であれば再度ブラッシング指示を行います。
・その他生活などで問題がないかも考えていきます。
・歯周ポケットが残っている場合は再度SRPを行うこともあります。
・歯周ポケットが深い、歯や骨の形態によりプラークコントロールが難しい場合などはそれを改善するために外科手術を行う場合もあります。
再評価で問題がない、あるいは問題があるもののメインテナンスで維持を行う場合
治療により改善した歯ぐきの状態を維持するためにメインテナンスを行います。
特に歯周病は再発しやすい病気ですので、メインテナンスは不可欠です。
毎日のブラッシングにより、歯周病の原因となるバイオフィルム(古いプラーク)が付着させないことはもちろんですが、定期的なメインテナンスによって、セルフケアで落とせないプラークやバイオフィルムを除去することで、歯周病の再発を予防することが可能です