健康のための虫歯予防・歯周病@三田市・神戸市北区の予防歯科
HOME>歯周病とは

歯周病の原因

歯周病の原因(口腔バイオフィルム)
歯周病の原因は口腔バイオフィルム(古いプラーク)です。
「プラーク」や「歯石」、「バイオフィルム」と言う言葉を聞いたことのある方もいらっしゃるでしょう。それぞれがどのようなものかご存知でしょうか?
口腔バイオフィルムのプロセス

磨いた後のきれいな歯の表面をペリクルが覆います
(ペリクルは歯を保護する唾液の成分)
 

ペリクルの上に善玉菌群が定着し、健全なプラーク ここで歯磨きすると健全なサイクルが出来上がる! (新しいプラーク)が形成されます
 

善玉菌群の上に歯周病菌などの悪玉菌群が積み重なります (古いプラーク)
 

悪玉菌群がどんどん積み重なり、ネバネバをだし強固に引っ付くことでバイオフィルムに発達していきます。バイオフィルムから毒素・酵素が放出されます。
 

バイオフィルムを放置していると・・・
唾液中のカルシウムが沈着し、石灰化して歯石に
歯ブラシで全くとれない
なってしまうのです 「プラーク」も「バイオフィルム」も
「歯石」もいずれも同じものからできており、成熟stageによって名前が違っているだけなのです。
私たちの口の中には200~300種類もの細菌が存在しています。
その細菌の中には、体に影響を与えない善玉菌と悪影響を及ぼす悪玉菌がいます。
この悪玉菌の中に、むし歯菌や歯周病菌が存在するのです。
この中の悪玉菌が食べ物の中の糖質を栄養として増殖し、ネバネバをつくり集合したものが歯周病やむし歯の原因である口腔バイオフィルム(古いプラーク)なのです。
このバイオフィルム(古いプラーク)を除去すること、できないようにすることが大切であり、これをプラークコントロールといいます。
プラークコントロールこそが、歯周病の治療、予防の基本でもあります。