健康のための虫歯予防・歯周病@三田市・神戸市北区の予防歯科
HOME>歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは 
むし歯が歯を蝕む病気に対して、歯周病は歯の周りの組織(歯ぐきや支えている骨など)の病気で、日本の成人の80%の人がかかっていると言われています。
歯ぐきから血や膿がでたり、痛くなったり、支えている骨が破壊して歯がぐらぐらになったりします。そのまま、放置していると最後には歯を失ってしまうやっかいな病気です。
歯周病は痛みを伴わず、知らないうちに進行していることが多いことから「沈黙の病気」と言われています。気づけば、かなり進行しており、手遅れになるケースも多々あることから、早期発見、早期治療が望まれます。
さて、歯周病の原因はなんでしょうか?
それは、お口の中の歯周病菌です。この歯周病菌が形成する口腔バイオフィルム(古いプラーク)によって引き起こされる「感染症」なのです。
歯周病菌がもつ毒素に対して生体が反応し、その結果として炎症が引き起こされることでおこる病気です。
健康な状態
歯肉が炎症を起こす 矢印 歯茎が赤くなったり
歯周病チェック
歯周病チェック さて、歯周病の原因はなんでしょうか?
初期の症状としては口臭、お口のネバネバ感、歯ぐきからの出血があります。
さらに進行すると、膿がでたり、骨が破壊され歯が揺れはじめます。
骨が破壊されると、それを元に戻すことは難しく、そうならないように、早期に治療をすることが必要です。では、骨が吸収されてしまった場合は手遅れか?そんなことはありません。それ以上骨の破壊が進行しないようにすることが必要です。
初期の症状は気がつかないことが多く、気づいた時には症状がかなり進んでいた。と言うこともあります。
自己点検や歯科医院での定期健診で症状の軽いうちに治療を受けることをお勧めします。
自分の歯を1本でも多く保存するためにも、今自分のお口の中がどのような状態であるのかチェックしてみてください。